特徴

羽根木インターナショナルブレスクールにおいては、トータルイマージョンプログラムを採用しております。これはその言葉の環境に朝からタ方までトータルに浸るという意味です。

人為的に習得させたい言語の環境作りをし、その中に子どもを浸すという ことです。一人だけ言葉ができないのではなく、全員ができないので教師も生活をするにあたりいろいろな工夫をし、保護者の方々の選択もあるため、成功率が非常に高い言語教育として現在欧米を始め世界各国にて採用されています。

これは完全に自然習得なのです。各クラスの教師は更に子どもたちにより英語に触れるためにさまざまなアクテヴィティを用意していますが、決して教え込む、ということはしていません。

子どもに限らず、外国語の環境にて過ごした場合、自らその言葉を発するようになるまでは最低2000時間から3000時間かかります。もちろん、個人個人の英語に対するかかわり方によってもその時間の差異が出てきます。

また、子どもにとって親の話す言語 -よりどころとなる日本語- というのは非常に重要な意味を持ちます。もし、日本語を禁止してしまった場合の子どもへのストレスの大きさはこの時期の子どもにとっては精神的な成長に関わる大きな問題となってしまいます。

その為、“子どもの心と体の成長”を考え、また日本で暮らしている子ども達であるが故に「英語も日本語も同じくらい大事である」と考えております。

また、この時期に子供であれば心ず通らなければならない道徳的なこと、マナー、そしてたくさんのお友違と過ごす人間関係、自然に囲まれ、保護者と教師による教育的な環境作りの下での生活は子ども達の将来に向かっての一歩として非常に重要です。

「英語のみとにかく話せるようになればよい」という考え方や環境は子どものアイデンティティーに関わる非常に危険な状況だと私違は考えております。

しかしながら、それでも羽根木インターナショナルブレスクールにおいては日本にいながらも、一年問で平均1200時間英語の環境で過ごすことができるのです。

言葉というのは単語をいくつ覚えたか、いくつのフレーズを話せるかということが最終目的ではありません。女化と密接に結びついているので、異文化の理解抜きで学ぶことはできません。

一番大切であるのは、日本語と英語の背景にある、文化風土の差をどのように子ども達にどう伝えるかということです。

英語は非常に強い言葉でともすれば日本語が負けてしまう可能性があります。その為、ご家庭では日本語を使用される事をお願いします。日本語は子どもたちの感情や考える基礎の言葉です。子どもが心を開放して親に訴えかけることのできるストレスのない言葉です。

大人であれば何もかも英語漬けの生活のほうが身につくものも多いでしょう。またストレスも自分でコントロールできます。しかし子どもは、生まれて数年しかたたず、世の中のこともほとんど知りません。ストレスをコントロールするどころか、日本語で自分の意思を正確に伝えることすら出来ないのです。

それは5,6歳の年長児ですら同じ状況です。

「もう、小学校に入る年齢なのだから、英語清けの環境でも良いだろう」

そうでしょうか。

日本における、日本の大学にも海外の大学にも認定されている正規のインターナショナルスクールですら自分が一体英語圏で生きているのか、日本語圏で生きているのか、アイデンティティーが中途半端になり、どちらの言葉でも学習が出来ず、どちらの言語の考え方も受け入れることの出来ない子どもが増えているのが現状だと警告を発しています。

学習はおろか、大学はもとより社会に出ることも出来ない中途半端な状況の子どもが苦しんでいるのです。それは特殊な状況ではありません。言語のストレスが子どもに与える影響は人生に関わる大きな問題です。

英語と日本語の異質な文化を無視して英語教育などできないのです。

最終的にバイリンガルになるためには道は1つではなく、幾通りもの長い道があり、最短距離で行くことは不可能です。

どんな場面においても自分で考え臨む姿勢というものについては、単にフレーズのみの繰り返し、会話のパターンの暗記では自ずと限界があります。それは、自らの思考から口に出たものではないということです。暗記したフレーズから自分の考えに近いものを発しているだけに過ぎないからです。

子どもの外国学習は微々たる物の積み上げです。また、習得した語学力は短命で、長く目をかけてやらないとすくに消えてしまいます。

しかし、根気よく続け、一見遅々として進まないように見える子どもの言葉の習得ではありますが、「継続」すれば必ずや実を結び、花が咲きます。

ある日、突然今まで言葉を話さなかった幼児が一気に話すことが出来るようになり、自然に身につけていくのを見守るようにじっと英語が着々と育つようにじっくり見守ることが大切です。言葉は心と体の成長とともにはぐくまれるものです。

現在このイマージョンブログラムの力リキュラムを進めるにあたり筑波大学とブログラムを作成し、更によりよいプログラムへと研究・協力体制を敵いております。